スポンサーサイト

5月の貝殻

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

Posted by5月の貝殻

梅干し作り2011(4)しそを入れ、赤紫蘇漬けにする

5月の貝殻

-
塩もみ済みの赤紫蘇が手に入りました。
和歌山県産 もみしそ
今回は、梅と同じ和歌山県産にこだわって探しました。
1袋で梅2kg漬けられるようなので、2つ購入。500g入り398円×2


下漬け中の梅も、梅酢がたっぷり出ていて、良さそうです。
重しは、梅と同じ4kgに減らしています。
梅酢たっぷり


では、作業していきます。

用意するもの 大きいボウル2個 使い捨てビニール手袋 菜箸 お玉



ボウルにシソを入れます。
赤梅酢作り1

下漬け中の梅の容器から、梅酢をお玉で少し取り、シソにかけて菜箸でほぐします。
赤梅酢2

何度か繰り返して、ボウル一杯の赤梅酢を作ります。

赤梅酢3
水気を吸って、大分ふやけてきました。
漬け容器に残っている梅酢はそのまま入れっぱなしで大丈夫です。


シソの準備ができたので、樽の中に加えて行きます。
ビニール手袋をして作業します。菜箸だと、梅が破けてしまいます。


こんな感じに入れます。

-----
シソ
-----

-----
シソ
-----

-----


まず、梅を半分取り出し、きれいなボウルに入れておきます。
しそサンド1

漬け容器の梅の上に、赤ジソの半分の量をのせます。
赤紫蘇サンド2

その上によけていた梅を並べ、上に残りの赤紫蘇をのせます。
最後に、ボウルに残った赤梅酢をまんべんなくかけて、完了です。

赤ジソサンド3 完成


押し蓋、重し(生梅と同じ4kg)をのせて、しばらく冷暗所に置いておきます。
しそが入った後はカビが出やすいので、毎日ゆすって、全体に梅酢をいきわたらせるのがポイントです。


また梅雨が明けた頃、続きをアップします。


2011.7.6 5月の貝殻
関連記事

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。