梅干しを作る(4)下漬け後、3日後・1週間後

5月の貝殻

-
前回、下漬けの方法を紹介した際(→(7/11)、「塩が溶け切るまでは毎日確認」と書きました。
今日は、確認方法と、今までの変化を画像で紹介します。

まず、重しを外して、梅酢が出ているか確認します。 
3日後梅酢量1 3日後梅酢量2
梅干し3日後
出ています。これは3日後の画像ですが、塩がこの位入っていれば、翌日には出始めます。
梅酢が出ていない場合は、重しを戻してまた明日まで保管します。


梅酢が出ていたら、均等につかるように底返しをします。
内側のビニール袋ごと持ち上げて、底の梅が上に、上の梅が下にくるように動かします。
梅干し3日後、底返し1


ついでに、塩の溶け残りをチェック。
梅干し3日後、底返し2
もう少しかかりそう…


漬け物樽に戻し、押蓋・重し・カバーを元通りにし、また明日まで冷暗所で保管します。
梅干し3日後再漬けこみ
作業中は、フルーツのようないい香りがして、期待値アップ


塩が完全に溶け、梅の表面まで梅酢が出てくるまで、毎日繰り返します。
下漬け1週間後 下漬け1週間後2
下漬け1週間後3
ここまできたら、毎日の確認は終了です。画像は、漬けこみ日より1週間経過しています。
重しを梅と同じくらいの重さに減らし、赤紫蘇が手に入るまで冷暗所に置きます。
底返しも、異常チェックのついでにたま~に、で大丈夫です。

赤じそが手に入ったら、またアップします。

2010.7.13 5月の貝殻


←(3)下漬けの漬け方 から続いています  …  →(5)赤紫蘇漬けにする に続きます

■梅干し2010■ (1)準備・追熟 (2)下ごしらえ (3)下漬け (4)下漬け後の様子(この記事) (5)赤紫蘇投入 (6)土用干し  (7)土用干し2・梅干し完成 (番外)赤梅酢で紅ショウガ
関連記事

スポンサーリンク