スポンサーサイト

5月の貝殻

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

Posted by5月の貝殻

梅干しを作る(3)下漬けの漬け方

5月の貝殻

-
梅の下ごしらえ(→7/6)が終わりましたので、下漬けをします。
下漬けとは、塩のみで漬ける事です。下漬けで梅から汁を出してから、赤ジソを入れます。

材料:梅 3.7kg
   荒塩 670g(約18%)
   焼酎 30cc

   梅は、1kg買い足しました。追熟中に、完熟梅が見切られていたので、つい…

道具:今年は、前年より漬ける量を増やしたので、新たに買いました。
漬けもの用プラ樽
トンボ つけもの容器 10型。プラスチック製で国産。ホームセンターで399円。ふた、押蓋付き。
ほうろうのがカッコいいから欲しかったけど、値段が10倍以上するのであきらめました。
10年使えば同じになるけど、まあ無理でしょう

漬けもの袋
左・トンボ つけもの容器カバー Sサイズ 右・トンボ 漬物袋 0.5斗用
こちらも同じホームセンターで購入。カバー199円、袋119円。
   
重し(漬け物石)は、わざわざ買う必要なし。600円位するのに、それ以外に使えない、無駄。
瓶ビールを使うことにしました。

では、作り方(漬け方)です。
良く手を洗ってから作業していきます。

(1)焼酎(分量外)をキッチンペーパーに染み込ませ、
 漬け物樽の内側・中蓋をふいて消毒し、漬け物袋を漬け物樽にセットする。

梅干し作り方1

(2)樽の底に、荒塩をしく。塩の分量の1/6位が目安、びっちりとしかなくても大丈夫
梅干し作り方2

(3)梅に焼酎をふりかけて軽くおさえ、1個ずつ並べながら樽に入れていく。
なり口の部分からカビが発生しやすいため、塩と接するよう下に向けて入れると良い
梅干し作り方3
こんな感じで並べて…
梅干し作り方4
びっしりと1段敷き詰めます

(4)塩をふりかけまた1段並べる。これを繰り返して全部の梅を入れる。
 最後に、塩の全体量の1/2位を残すようなペースで
梅干し作り方5

(5)一番上に、残りの塩を全部振りかける。
梅干し作り方6

(6)内蓋を入れ、ビニールの中の空気を抜きながら口をねじる。
梅干し作り方7

(7)ビニール袋の上から、重しを置く。私の場合、1200g×4=4.8kg
後から重くすると梅がつぶれやすくなるので、不安な時は2倍を目安にして、
梅酢が出たら軽くすれば良い。
梅が、梅から出てきた液(梅酢)にまんべんなくひたるのが最適な重さのようです。
梅干し作り方8

(8)ほこりよけにビニールカバーをして、冷暗所にしばらく置きます。
梅干し作り方9

梅酢が出て、塩が溶けきるまでは毎日確認します。
方法等は、また紹介します。

2010.7.11 5月の貝殻
[実際の作業日と、だいぶずれています。前回記事と同じ日に作業しています]


←(2)梅の下ごしらえ編から続いています。  ...  →(4)下漬け後、3日後・1週間後に続きます。

■梅干し2010■ (1)準備・追熟 (2)下ごしらえ (3)下漬け(この記事) (4)下漬け後の様子 (5)赤紫蘇投入 (6)土用干し (7)土用干し2・梅干し完成 (番外)赤梅酢で紅ショウガ
関連記事

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。